小耳症便利グッズ・マスク編




小耳症便利グッズ・マスク編

小耳症のお子さんは、マスクを上手に掛けられないことがあります。幼稚園や保育園で、マスクを掛けなくてはいけない場面では困ってしまいますね。でも大丈夫。耳に掛けないマスクがあります。我が子も、風邪をひいた時や、給食当番時にはマスクを掛けなくてはいけなかったりしました。小学6年生まで、ずっと「耳に掛けないマスク」を使っていました。

おすすめマスク

フルフェイスマスク


耳を通り越して頭部分に紐をかけるフルフェイスマスクです。画像のマスクは一般的なLサイズ相当で、フリーサイズになっているため、お子さんの頭の大きさに合わせて紐の長さを結んだりカットして調節する必要があります。

首クリップタイプマスク


市販のマスクに取り付ける、首元でクリップで挟んで耳に掛けないクリップタイプです(こちらの商品は「いやあらっくす」というもの)。耳に紐をかけない新発想で、マスクの装着を可能にする補助具です。Sサイズもあるので、児童にもつけられます。Mサイズは女性向けのサイズになるので、小学校高学年ならMサイズがおすすめです。


同じタイプのクリップタイプで「くびにかけるくん」という商品もあります。こちらは首回りや頭の大きさに応じて調整できるよう、3ヶ所の調整穴があるので、どなたでも合うサイズになります。

以前はひもなしマスクがあった

ひもなしマスク

ひもなしマスク

以前は画像のようなひもなしマスクが販売されていました。耳に掛ける紐が無く、ほおに医療用シリコンテープで止めるタイプのマスクです。ひもがまったくないため、小耳症のお子さんには大変貴重なマスクでした。しかし、2018年に生産中止になってしまいました。

 

タイトルとURLをコピーしました